Menu

修理について2 

Home

修理について フレーム関連修理。補修はすべて手作業・カーボン・チタンのハイブリッド補修です。

「フレームトラブルのお問い合せが増えています。」「使用期間が短くても時々は確認下さい。特に軽量なカーボンフレームは米粒ほどのクラックが成長します。」
クロモリフレームは歴史も長く耐用年数もあります。アルミ・カーボンフレームの歴史は比較的新しく溶接技術・制作技術の日進月歩で進化。耐用年数はまだまだ未知数です。 38年の経験と知識による技術で、お客様からの修理依頼に応じて形にしています。直せない自転車はほぼ無いです!
「他店に相談したけど断られた」「修理費が高過ぎて諦めている」方は是非ご相談ください。何とかします!!

修理依頼の一例です。

破損状態により高強度のチタン合金プレートを加工し補修。(0.8mm・0.6mm厚)

自転車の修理例

修理例13 拡大写真あります。

修理例13

電動スポーツバイクのシートクランプ部分にクラック。サドルの上げ過ぎは無さそうでした。 クランプの締め過ぎも注意ください。。上部分をカットしクランプ部分を製作。

修理例13-1 拡大写真あります。

修理例13-1

カーボンフレーム・シートクランプ部分と内側にクラックが入り補強。表面の処理後に構造体接着樹脂を塗り0.5mm厚のアルミ板を巻きます。クランプ径はサイズの大きいカーボン用をつかいます。もちろん内部の補強も入れしっかりと固定。

修理例14拡大写真あります。

修理例14拡大写真あります。

約10年使用のタルタルーガー・ヘッド部分にクラックが入り破断
アルミフレームです。アルミ溶接・さらにガゼットをいれて補強。

修理例14-1拡大写真あります。

修理例14-1拡大写真あります。

アルミ溶接の後は簡易塗装で仕上げました。

修理例15拡大写真あります。

修理例15拡大写真あります。

カーボンフレーム・エアロ形状のシートチューブに穴があきました。シートピラーがカットされずに挿入したのが原因です。フレーム形状によっては2~3㎝カットして下さい。

修理例16

修理例16

誤って車で引いてしまい普通なら修理不能・長年愛用のオーダーメイドのロードバイク・レース使用は無理でも何とか走れる様に・クロモリフレームということもあり修復を お引き受けました。予想はしていましたが届いたフレームにビックリ。

修理例16-1

修理例16-1

シートチューブ下側・ハンガーの上部分が押し込まれて大きくずれています。クランクも大きく歪んでいます。

修理例16-2 拡大写真あります。

修理例16-2

トップチューブロウ付け部分・左側が外れています。1mm厚のアルミ板に小穴を明けラグをつくり構造体接着樹脂で固定します。60~80℃で2時間加熱します。

修理例4-2

修理例16-3

フレームの角度は走行に差し支えないとこまで修正・歪の箇所はすべてアルミラグを制作・構造体接着樹脂で固着しています。試走しましたが違和感はありません。オーナーの方からの体感です。

修理例17 拡大写真あります。

修理例17

シートチューブ上部に数ミリのクラック。挿入寸法の隙間が無く・範囲が狭いです。念入りに補強します。クラックが成長する前の補強が大事。違和感もなく元より強くなったと喜んで頂きました。

修理例18

修理例18

約9年前・初めてシマノDi2を搭載したモデルです。リャサス溶接部分が完全に破断。 こんな状態で何店も訪問修理依頼されましたがどこも無理。ましてDi2を分解して元通りに復活させなければ 溶接しても無意味です。オーナーの思い入れに何とかお答えします。

修理例18-1

修理例18-1

破損箇所は複雑でさらにアルミ板を溶接補強。フレームのセンターも確認します。組立もDi2に手間取りましたが変速機の動き、特にフロントに手間がかかりました。さすがシマノさん動きはスムーズになり試走しましたが完璧。何とか完成です。

修理例19 拡大写真あります。

修理例19

変速機の巻き込みでリァハンガーが大きく曲りました。可変エンドではなくフレーム一体のクロモリフレーム。

修理例19-1 拡大写真あります。

修理例19-1

ひどい曲りですがクラックははいっていません。バーナーで400度程度に加熱します。エンド修正器を取付て修正しました。変速機の調整をして完璧に修正出来ました。以後気をつけてください

修理例20 拡大写真あります。

修理例20

フォールディングプバイク・プジョーのシートクランプ部分に大きく割れが入りました。アルミ溶接の後簡易塗装で仕上げます。

修理例21拡大写真あります。

修理例21

キャノンデールMTB・シートクランプ部分が完全に破断しています。

修理例21-1拡大写真あります。

修理例21-1

破断部分の溶接をはがし内側に26.0mmのシートポストに合わせアルミパイプを入れ一緒に溶接補強しました。 ブラックに簡易塗装で仕上げます。

修理例22 拡大写真あります。

修理例7-51

サイクルサッカー・アルミフレームのヘッド周りが完全に破断しています。溶接でしっかり補強しました。

修理例23 拡大写真あります。

修理例23

変速機の巻き込みによりリァディレーラハンガーが完全に破断。在庫切れの為アルミ溶接で修理。普通は交換してお渡ししています。巻き込みはローギアの位置・必ず前触れがあります。

修理例24 拡大写真あります。

修理例24

カーボンフレームのトップチューブ裏側にクラックが入り補修。
最初にCFRPにくらいつく エポキシ樹脂を固着。カーボンを広めに5重巻に、仕上げはエポキシ樹脂を塗りクリアーを塗布して完成。

修理例25 拡大写真あります。

修理例25

転倒でフレーム左側チェーンステイが溶接箇所で完全に破断。軽量でかなりの肉薄フレームなので内部に補強・そして外側を溶接で巻きます。

修理例26 拡大写真あります。

修理例26

左側リァサスペンション・リンク下の溶接部分近くが完全に破断しています。油圧ディスクの当たりも狂いの無い様 に溶接します。

修理例27 拡大写真あります。

修理例-27

中国製・後ろモーター・リァサスペンション・ディスクブレーキ付のMTBです。左側エンド溶接部分近くで完全に破断しています。構造上の問題ありですが修理出来るとこが無くhpを見てご来店。補強を入れて強度をアップしました。

修理例28 拡大写真あります。

修理例-28

20年近く愛用のキャリア溶接部分が海外を含めた輪行ではずれました。思入れのあるキャリアなので裏表を溶接修理。

修理例29 拡大写真あります。

修理例29

カーボンフレーム・トップチューブ側面にハンドルバーが当たりクラックが入る。デザイン・カラーを考慮し出来るだけ違和感を感じ無い様に気を付けます。9重に巻き強度をあげました。

修理例30拡大写真あります。

修理例30

crmoランドナーモデル・右側チェーンステイ左側が長年の金属疲労により溶接部分が破断。片側溶接補修では強度のバランス・外観も悪く左右を溶接補強。

修理例31 拡大写真あります。

修理例31

ブリヂストンモールトンのクラック修理です。
クラック部分をアルミ溶接・更にチタンを巻きフレーム下部で溶接。外観も塗装しロゴマークはカッティングシートで作成。

修理例32 拡大写真あります。

修理例32

カーボンフレーム・チェーンステイ裏部分にクラックが入り補強。小さなクラックが成長します。

修理例33拡大写真あります。

修理例33

カーボンフレーム・ダウンチューブの側面・裏側には約8センチ近くのクラックが入っています。剥離の部分は構造体接着樹脂で固めカーボンシートを5重巻き・仕上げはエポキシ樹脂・カッティングシートでロゴを作成。

修理例34拡大写真あります。

修理例34

BD-1のクラック部分・修理出来るところが見つからず約8年使用することなく長期保管されていました。 しっかりと溶接補強でき簡易塗装で仕上げ。

修理例35 拡大写真あります。

修理例35

カーボンフレーム・転倒で左側シートステイ左側にクラックが入り補修。綺麗なデザインでカーボンを巻くと違和感があります。そこでGFRPで4重巻きに・下地のデザインを生かします。

修理例36 拡大写真あります。

修理例9-2

BD-1・シートクランプ部分が完全に破断。使用頻度はわずか。ここまでくると6000#アルミを 加工し旋盤で径を合わせクランプ部を溶接。新たにフレームに溶接しています。

修理例37拡大写真あります。

修理例37拡大写真あります。

変速機の巻き込みでかなりの重傷。諦めて長期保管でしたが何とか補修。衝撃で剥がれたエンドを外してエンドを修正。

修理例37-1拡大写真あります。

修理例10-1拡大写真あります。

鍛造エンドを250℃~に加熱し角度を修正。そしてロウ付け加工します。変速もスムーズになりました。

修理例38拡大写真あります。

修理例38拡大写真あります。

ハンガー部分にかなりの衝撃・BB付近に2箇所ダウンチューブ下部に2箇所のクラック・高強度の接着が必要・範囲をヒートサイクルの影響を受けない構造接着樹脂で固める。BB付近はアルミ板で更に補強。最後はカーボンを巻いて仕上げ。

修理例39拡大写真あります。

修理例39拡大写真あります。

カーボンフレーム・BB裏が縁石に当たり剥離・大きい応力のかかる箇所なので構造体接着でチタンプレートをしっかりと固定。内側は紙一重で剥離は無し。

修理例40拡大写真あります。

修理例40拡大写真あります。

カーボンフレーム・右側チェーンステイとシートステイを完全に破断。トライアスロン部の方からの依頼。大会まで2週間・試走も兼ねて1週間で補強。外観よりしっかりと補強が何より。

修理例40-1拡大写真あります。

修理例41拡大写真あります。

シートステイ・チェーンステイを同時に接着。ホイールセンターは確実に出します。 それぞれ内部の形状に合わせててチタンプレートを加工。固定出来るのは一回限り。継ぎ目が正確にあわせる為に何回も試行。

修理例40-2拡大写真あります。

修理例40-2拡大写真あります。

補強材はフレーム内の補強部分奥まで差込み固定。補強材は約150mm・内側に固着させます。

修理例40-3拡大写真あります。

修理例40-3拡大写真あります。

チェーンステイ外側3面をチタンプレートを加工して固着・仕上げはカーボン巻き。シートステイはブレーキ取付位置から約290mmのチタンプレートを加工して圧入。外側にはプレートを加工して圧入し樹脂で固定。大会では存分に走られました。

修理例41 拡大写真あります。

修理例41 拡大写真あります。

アルミフレーム・チェーン脱落によりかなりの深い傷が入り補修。脱落により傷つきを防止を兼ねてチタンプレートを加工して固着。脱落防止パーツの取り付けをお勧めします。

修理例-42 拡大写真あります。

修理例-42 拡大写真あります。

カーボンフレーム・変速機の巻き込みによりフレーム側エンド部分が破断。ディレーラハンガーの取付が出来ません。フレームデザインに違和感を感じない補修を目指します。強度・取付角度が重要。エンドの裏側よりチタンプレートを加工・専用樹脂でしっかりと固着。

修理例42-1拡大写真あります。

修理例42-1拡大写真あります。

表側の補修・欠けたハンガー部分の厚み分をアルミ粉末入りエポキシ樹脂で肉盛り・形の制作。手前はチタンプレートを加工して貼り付け固着・強度を保つ為残った部分と新しいエンド部分を一枚のチタンプレートを加工・構造体接着樹脂で固定。固定ネジ穴4mmを穴あけ加工・下側の穴は位置合わせの為と強固な接着の為に長穴にしました。最後制作しましたにフレーム側のエンドの修正・新しいエンドを取り付け変速機の確認。

修理例42-2 拡大写真あります。

修理例42-2拡大写真あります。

ディレーラハンガーの取り付け・エンド角の確認。変速機の動きを確認します。11速異音も無く動きました。樹脂の凹凸がありますが、簡易塗装をして完成です。

修理例43 拡大写真あります。

修理例43 拡大写真あります。

カーボンフレーム・BB30の内部の剥離・ベアリングはサビで固着・補強のアルミは錆びて゛完全に破断していました。

修理例43-1 拡大写真あります。

修理例43-1 拡大写真あります。

内部補強①構造体接着樹脂を塗り固着させます。②アルミの代わりにチタンプレートを加工・ベアリング圧入の深さまで巻き樹脂で固着。新しくBB30セラミックベアリングを圧入しました。違和感を感じたらBBのグリスアップが必要です。

修理例-44拡大写真あります。

修理例-44

カーボンフレーム左側ブリッヂの下側ほぼぐるりとクラックが入る。強度を上げるためチタンプレートを加工して巻き付け樹脂で固定。外観はカーボンを二重巻き。段差を少なくする為にカーボンを粉末状にし塗布します。

他店で断られた修理を持ち込まれる方が増えています。

カーボンフレームの補修修理

修理できれば使いたい。思い出の有る自転車はなおさらです。
トライアスロンや自転車競技のメカニック経験・溶接の技術などを用た「アイデア修理」で何とかします。「直せない自転車はほぼ無い」です。修理後に喜んでもらえると最高です!!
手間を度外視するので「こんなお値段でいいんですか」とよく言われます…。
困った時には是非ともご相談下さい。何とかします!!

修理の箇所に応じてお渡し前には必ず新車同様に試乗で確認します。
自転車の修理にも壷があります。オーナーとの問診と本体を見てその場で的確に迅速に行います。もちろん其の箇所だけでなく先々トラブルの出そうな箇所はお話して全体の調整をやります。
使用のオイル、グリス、クリーナー他ケミカルは全てのモデルに高品質のワコーズを使っています。
※写真は店内の廃材の再利用し製作した自家製の「サイクルリフト」です。

オススメのケミカル

  • ポイント1
  • ポイント2

オススメのケミカル1

オススメのケミカル

これはすごいオイル!!摩擦ゼロへの挑戦。
極圧・通常オイルの5倍 高回転・高出力・驚くほどの潤滑性能。
通常オイルも高性能を使用していますがSFRプロテクタスプレーループにはかなわい。
多用途に使用・高耐久性・グリスに溶け込みさらに軽い!!
噴射分量調整ノズルを採用。 SFRプロテクタスプレールーブ¥ 3.900(税込)

オススメのケミカル1

オススメのケミカル

スーパージャンボパーツクリーナー ¥1400
チェーンの油汚れはこれならメチャクチャおちます。
メンテルーブ ¥1600(税込)
多用途に使用・高耐久性
ラスペネ¥ 1940(税込)
ラスペネ・ミニ ¥1290(税込)

浸透性重視の最高にいいオイルです。

オススメのケミカル2

オススメのケミカル

シマノPREMIUM GREASE ¥1093

オーバーホール・グリスアップに
ワコーズ チェーンループ ¥1590
水置換性・フッ素配合・耐摩耗・湿気を締め出し防護被膜を作ります。
タクリーノ パワーチェーンオイル ¥1590
全天候OK!走行摩擦が少ない飛散・垂れが少ない。雨・泥水に強い。

ロードバイクに一押しのオイルです。

オススメのケミカル3

オススメのケミカル3

ロードコートワックス ¥1600
ロードフレーム・パーツ類のクリーナーと艶出しコートの2つの効果を兼ね添えたコート剤です。
ロードチェーンオイル ¥1600 極圧20%
チェーン駆動による走行抵抗を極限まで少なくした理想的なロード専用チェーンオイルです。
ロードギア ¥1600
ロードバイクのチェーンリング・スプロケット・ディレーラーのプーリー等の歯先の潤滑効果と防汚の効果。

オススメのケミカル4

オススメのケミカル

タクリーノ おすすめお試しサービスキット

¥3000(税込み)
メンテナンスに必要なサービスキット4本セットでお買い得です。

オススメのケミカル5

オススメのケミカル

ボディの汚れ取りワックス

カークリーム 小 ¥750/大 ¥850(税込)
ボディの汚れ取りワックス定番の商品です。
ロードコートWAX ¥1590
カーボンフレームの塗装被膜を汚れ・紫外線から保護。
ワコーズバリアスコート ¥4300
塗装被膜の保護に高級ワックス。当店の新車はもちろん修理にも使用いています。

オススメのケミカル6

オススメのケミカル6

ボディの汚れ取りワックス

カークリーム 小 ¥750/大 ¥850(税込)
ボディの汚れ取りワックス定番の商品です。
ロードコートWAX ¥1590
カーボンフレームの塗装被膜を汚れ・紫外線から保護。
ワコーズバリアスコート ¥4300
塗装被膜の保護に高級ワックス。当店の新車はもちろん修理にも使用いています。

修理例41 拡大写真あります。

「弱虫ペダル」とのコラボレーション チェーンルブ

アルミフレーム・チェーン脱落によりかなりの深い傷が入り補修。同時に脱落時の傷つきを防ぎます。 トラブル防止にチェーン脱落防止パーツの取り付けがお勧め。

修理例-42拡大写真あります。

修理例-42 拡大写真あります。

カーボンフレーム・変速機の巻き込みによりフレーム側エンド・変速機取り付け部分が破断。傷も少なく出来る限り違和感を感じない補修を。エンドの強度・角度が重要です。チタンプレートを加工・裏のエンドの交差部分から形を作りしっかりと固定。

オススメのケミカル7

オススメのケミカル7

新発売 タクリーノ MAHOUチェーンオイル

¥1.700(税込み)魔法のオイル・「極圧」50%の脅威・

ペダリングに魔法。トライアスロン・ロングライドに脚の疲労感が違います。

サイクル フジオカ
〒561-0804 大阪府豊中市曽根南町1-5-4
店外写真